オンサセラピー・モニターご招待

こんなお悩み、
早くスッキリ解消したいですよね。

あの『医学不要論』著者
内海聡Drご推薦
五行オンサオンサセラピーで
あなたの人生の新たな一歩を
サポートします!

オンサセラピーは、雑誌に紹介されました

音叉セラピーは東洋医学における五行論を使い、五本の音叉を使い分ける手法です。

周波数を補正することで未病の調整に役立つという考え方であり、医学的に言えば心療内科や精神科系分野で使いやすいかもしれません。精神薬なんて麻薬を使うよりもはるかに心地よくて安全です。

 

私の周りでも初産で超がつくくらい安産ですんでお礼されたケースや、逆に最先端不妊治療でも妊娠しなかったのが音叉セラピーで妊娠したり、いろんな面白いケースがあります。

なぜ、音叉で不安が解消するのか?

あなたは、怒り、悲しみ、恐れ、不安などネガティブな感情を感じたとき、どのように対処していますか?

普段は、気丈な態度で振る舞われている方でしたら、家族や知人に心配されたくないと気を遣って、冷静な態度でいるかもしれません。

確かに、できればネガティブ感情は感じたくないものです。

 

しかし、「それを感じてはいけない」あるいは「人前で泣くべきなどでない」といったように、ネガティブ感情を押し殺してしまうと、いずれ、ポジティブな感情も感じにくくなる恐れがあります。

そんな状態が長く続くと、いずれ、気分が鬱々としていきます。

本来、感情には、「いい・悪い」はありません。

実は、ただ受け入れるだけで、そこから生じるエネルギーのうっ滞も解消しやすくなります。

 

とは言っても、「なかなかネガティブ感情と向き合うだなんて…」と思われるかもしれません。

分かります、分かります、その気持ち。私もそうでしたから。


そんなネガティブ感情は、ある簡単な方法を使うことで、ほんの数分で解消されます。

 

ヘリコプターを乗る時につけるノイズ・キャンセル・ヘッドフォンと同じように、ネガティブ感情を体験した場面を思い出した状態で、オンサの音を鳴らし、反対の位相の波を当てることで、周波数が変換し、一瞬でニュートラルにしてしまうことができます。

あの『医学不要論』の著者・内海聡先生が唯一学んだのが、田仲真治先生のブレインアップデートです。
 
今回、こちらをご覧になられた方限定で、セミナーでのモニターセッションにご案内いたします。

院長 ごあいさつ

臨床20年
のべ7万人以上の施術実績

オンサセラピーで、あなの不安解消のお手伝いをします

ここで、改めて、ご挨拶と自己紹介をします。

【経歴】

川上 哲寛(かわかみ てっかん)

●早稲田大学人間科学部スポーツ科学科卒業

●神奈川衛生学園専門学校卒業

2002年 北辰会現会長の藤本蓮風先生の下で学ぶために、単身で東京から大阪に移住

2009年 大阪市北区の天満にて「漢方鍼灸 かわかみ吉祥堂」開院

2019年 院名を「漢方鍼灸院 大阪市てんま吉祥堂」に変更

私は、幼少期より喘息持ちで、人生のことあるごとに、重度の喘息発作に悩まされていました。

幸い、鍼灸と漢方薬の二人の先生の施術と処方を受け続けたおかげで、40歳を過ぎ、気管支拡張が効かない喘息発作を克服できました。

正直、あんな喘息発作の苦しい思いは、二度としたくはありません。

それでも、鍼灸で重度喘息を治していただいた経験は、私が鍼灸師として活動するうえでの大きな財産です。

 

現在、世界中が社会不安に陥っています。まさに、誰もが疑心暗鬼な状態です。

多くの方が、心の中に、不安という「鬼」が潜んでいるために、自律神経が乱れやすくなっています。


かつての私が、喘息で苦しんでいたとき、まさに心の中が「鬼」だらけでした。

私は、幸い、鍼灸と心理療法で、心の「鬼」を味わい尽くすことで、徐々に解消し、喘息が起こらないようになりました。

 

そんな貴重な経験をしてきた私だからこそ果たせる、漢方鍼灸師としての役割があります。

それは、ブレインアップデート

 

心の「鬼」を消滅し、
その人本来の人生を取り戻す

 

そのお手伝いすることです。

 

もし、お体に関して不安なことがありましたら、まずは一度、当院にご相談ください。

私が、できるかぎりの対応をいたします。

 

 漢方鍼灸院 大阪市てんま吉祥堂
 院長 川上 哲寛

こちらの申し込みフォームに必要事項をご記載ください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号 (必須)

お問い合わせ内容(症状について)をご記入ください。