当院が婦人科疾患改善に力を入れている理由

当院が婦人科疾患改善に力を入れている理由

骨盤内の血流を整えることで、
婦人科疾患を防ぐ

婦人科疾患は、

月経前症候群(PMS)
月経周期の短縮・延長の生理不順
月経量の過多・過小
無月経
不正出血
帯下
更年期障害

といったように、女性生理(月経)に関わるトラブルがほとんどです。

また、

子宮筋腫
子宮内膜症
多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)

などの症状は、生理出血の状態が強く影響します。

これらの婦人科疾患を避けるには、いかに苦痛が少なく毎月の月経を迎えられるかが大切です。

西洋医学では、多くの場合、お薬や注射によって、女性ホルモンの分泌量をコントロールが、治療手段として考えられるでしょう。

一方、漢方医学には、女性ホルモンの概念がありません。では、何を指標にして、婦人科疾患を見極めるのでしょうか?

漢方医学では、他の病と同様、婦人科疾患でも、

「臓腑経絡の協調性(ネットワーク関係)」

「体を養うエネルギー(気血水)の停滞と不足」

この2つが症状を診立てる際の大きな指標になります。

この2つの情報から、体内の必要なものを摂取し、不要なものを排出するという「新陳代謝」の状況を通じて、おおよその症状の根本要因の推測を立てていきます。

特に、生理出血の色・量・粘稠度などの「生理出血の排出状況」や「生理前後の体調」と諸々の症状との関係性を重視します。

例えば、片頭痛をお持ちの女性を施術する際、「生理前後で症状が増悪するのか緩解するのか」「生理出血時に塊を伴うのか否か」によって、その対応が全く異なります。

すなわち、「その人」の生理状況を確認すること自体が、体質の把握することになります。

それにより、「この症状ならこの薬」といった通り一辺倒の施術ではなく、常に「その人」の体質に適した施術方針が定まります

このように生理状況を改善することが、将来の更年期障害、あるいは乳がん・子宮がんなどの女性特有の難病も未然に防ぐことに繋がると考え、当院では婦人科疾患の改善に力を入れている訳です。

「新陳代謝」は、自然界から頂いた、命を養うための大事な機能です。

気血水の出入という「新陳代謝」が「自然」にバランスよく作用することで、女性生理における代謝機能の回復に繋がります。

漢方医学は、「自然」な状態を尊びます。「自然」に、女性としての代謝機能を回復させ、なおかつ「わたし」のカラダに合った医療をお探しでしたら、お体に負担が少ない、自然療法の漢方鍼灸の存在を知っていただければと思います。

『PMS』薬に頼らず、生理前のイライラから解放されるにはについて詳しくはこちら

『PMS』薬に頼らず、生理前のイライラから解放されるには

この記事に関する関連記事