「生命のいとなみ」と自律神経

今回、「生命のいとなみ」の仕組みから、自律神経失調症について考えていきます。

 

まず、一般的な各神経系の特徴について説明します。

それを受け、現代医学と漢方医学の「生命のいとなみ」の認識の違いを対比したうえで、漢方医学では、実際に、どのように、自律神経失調症にアプローチしていくのかについてご紹介します。

 

では、早速、次の「自律神経って、何ですか?」を、どうぞ、お読みください!

自律神経って、何ですか?

現代医学が考える、「生命活動のいとなみ」

主な自律神経の働き

神経系は大きく中枢神経と末梢神経に分かれます。

「中枢神経」は脳と脊髄、「末梢神経」は中枢から各器官まで伸びる神経の束のことを言います。

 

脳からの指令が、脊髄・末梢神経を通って各器官に行きわたり、再び各器官からの情報が、末梢神経・脊髄を通って脳に戻ってくる、という考えから、脳は中枢神経という位置づけになっています。

末梢神経は、体性神経と共に自律神経に分類されます。末梢神経、それぞれの特徴は、次のようになります。

 

体性神経
口手足などを動かす「運動神経」と痛み・温度を感じる「感覚神経」で成り立ち、これらの働きを自覚的に捉え、自分の意思で制御できる神経です。

自律神経
「交感神経」と「副交感神経」で成り立ち、自動的・反射的に、自分の意思では制御できないという特徴があります。上図のように、主に、ホルモン分泌、血液・リンパ液の循環、呼吸・消化・吸収・排泄などの代謝に関わる内臓機能、体温調節、免疫といった生命活動を支える神経です。

 

交感神経と副交感神経は、一方が働いている時はもう一方は休み、一方が休むともう一方が働き始めるという、いわばシーソーのようにバランス(動的平衡)を保ちながら働きます。

交感神経
主に日中、活動時、興奮時、ストレスや不安を感じている状況などで優位になる神経

副交感神経
主に夜間、休息時、リラックスしている時に優位になる神経

自律神経が持続的に乱れた際に現れる、下記のような複数の症状のあつまりを、自律神経失調症と言います。

■自律神経失調症の代表的症状
手足の冷え、動悸、食欲不振、喉のつまり・違和感、不眠症、感情の不安定、めまい、耳鳴、顎関節症、手足・全体のシビレ、熱感・微熱・ほてりなど。

また、極度に強い疲労感が長期間(一般的に6カ月以上)に及び継続する「慢性疲労症候群」は、自律神経系の乱れが関与しているとされています。

その代表的症状は、次のようになります。

■慢性疲労症候群の代表的症状
倦怠感、疲労感、発熱、喉の痛み、頭痛、筋肉痛、筋肉のこわばり、気分の落ち込みなど

と、ここまでが一般的な、現代医学による自律神経失調症の見解です。
現代医学の生命観は、「脳・自律神経・内臓」という関係性から「生命」を捉えた場合、
脳からの指令が自律神経を経由し、内臓はその脳の指令に従うことによって生命活動がなされる

というように、認識されています。
では、次に、漢方医学の生命観では、どのように「脳・自律神経・内臓」という関係性を捉えているのか、みていきましょう。

漢方医学が考える、「生命のいとなみ」

とは言っても、実は、漢方医学には、そもそも、自律神経という概念がありません。

 

自律神経に相当するものとして「経絡」という概念があります。よく、「経絡」と「気」という用語で「生命のいとなみ」が説明されます。

しかし、ここから先は、敢えて「経絡」や「気」ではなく、現代医学が定義する「自律神経」を使って、「生命のいとなみ」について考えます。

 

脳、自律神経、血液循環、内臓、そして「目・舌・口・鼻・耳」の五官も含めた、一つの全体としての体を、「株式会社いのち」という会社組織に例えて、「生命のいとなみ」を説明したのが、下の図です。

この図をご覧になられて、どんなように感じますか?「なんのこっちゃ?」と思われるかもしれません。その「なんのこっちゃ?」について、これから説明していきます。

 

五官と各器官のはたらき、および相互の関係性について、「生命のいとなみ」を考えるうえで、非常に重要ではありますが、このページでは、詳しくは述べません。

ただ、この図の要点として、一つだけ、注目していただきたいことがあります。

 

それは、「脳」と「内臓」の主従関係についてどのように認識しているか?ということです。

 

現代医学では、脳が「主」、内臓が「従」として捉えていることは、先ほど説明しました通りです。

 

一方、漢方医学では、脳より内臓(五臓六腑)の方に重点を置いています。それは、飲食物を摂取し、肉体という形を作っていく内臓のはたらきこそ、生命活動を成立・維持させる源であると考えられているからです。

 

この生命観の違いは、「生命」に対する認識の仕方の違いであって、その認識の優劣を言いたいがためではないことをお断りしたうえで、この後に続く説明をお読みください。

 

漢方医学では、内臓を会社組織の本体(本社)だとすれば、脳は、本社から派遣された役員によって運営される出先機関(支社)として考えられています。

つまり、脳は内臓によって養われている器官として扱われているのです。

 

脳と内臓、どちらに主従があるか、このことを、最新の科学でもってさえ、今のところ証明されていません。そこで、「脳を中心において、自律神経に関わる問題が解決されないのであれば、その逆で考えてみませんか?」といった発想の転換を提案します。

 

内臓を主、脳を従とするなら、因果関係において、「内臓(因)-脳(果)」という関係性が成立します。では、自律神経や血液循環は、どのような位置付けになるでしょうか?

それは、自律神経と血液循環は、因果を繋ぐ「縁」という位置づけです。

 

自律神経と血液循環が、それぞれ

 

自律神経:電気信号のような無形情報

血液循環:栄養素やホルモンなどの有形情報

 

を伝達することで、一つの「(株)いのち」という会社生命が存続できるのです。これが漢方医学的な、自律神経という用語を使っての「生命のいとなみ」に対する説明になります。

このような観点に立って、「ガンコな首・肩こり」「ひどい頭痛」「PMS」「めまい・耳鳴」「不眠」など、あらゆる自律神経症状の原因と解決策を立てていくのが、漢方医学的な鍼灸のやり方です。

 

では、次回、

自律神経症状の『謎解き』~自律神経失調症は、疲れの総合症者

についてお伝えします。

今回のまとめ

現代医学では、「生命のいとなみ」は、脳からの指令が自律神経を経由し、内臓はその脳の指令に従うことによって生命活動がなされている、というように考えられています。

一方、漢方医学では、「生命のいとなみ」は、飲食物を摂取し、肉体という形を作っていく内臓のはたらきこそ、生命活動を成立・維持させる源、というように認識されています。

そのため、それぞの医学において、脳と内臓の主従関係は、

現代医学:脳(主)-内臓(従)

漢方医学:内臓(主)-脳(従)

という違いがあります。

自律神経が整うと人生も整うについて詳しくはこちら

自律神経が整うと人生も整う

この記事に関する関連記事