当院の理念と方針

なぜ、今、日本で鍼灸が必要なのか?

当サイトを閲覧してくださり、誠にありがとうございます。

現代医学が主流の現在の日本で、

漢方医学の必要性

について明らかにしたうえで、当院の

 

施術理念と施術方針

 

をお伝えしますので、ご来院の参考になさってください。

漢方医学の本質のままに、現在の日本人に合わせた鍼灸を

漢方鍼灸の必要性

2020年、世界中に新型インフルエンザが猛威を奮って以来、不安や恐れによって、本来の自分らしい生き方を失っている人たちが増えています。

そんな、社会情勢だからこそ、もっと個人の心に寄り添った医学・医療が求められています。

漢方医学は、次の理由から、十分にその必要性を満たしうる医学です。

漢方医学では、今、目の前に病気で苦しんでいる“その人”が、

・どんな環境で
・どんな想いで
・どんな生活習慣を送っているのか

その結果、

・体にどんな反応が現れているか

これらの情報を総合したうえで、病気の正体を把握していきます。

つまり、

 

漢方医学は、常に、病気の中心に“その人”を置く医学

 

なのです。

 

この漢方医学の本来の姿を、鍼灸の施術として実現するために、当院の施術理念を表したのが下の図になります。

施術理念

検査データーは、一定、参考にしますが、症状カイゼンの鍵を握るのは、「あなた」という本体(存在)です。だから、当院では、検査データーより、生の“あなたデーター”を最優先にします。

あなたデーターとは、あなたがこれまで歩まれてきた“人生のストーリー”と、それが映し出される“あなたの体の反応”です。

 

内臓と血液循環の状態を重視する漢方鍼灸では、体の中で、とりわけ、“ツボ”の反応を重視します。それは、ツボに、あなたが歩んできた体調データーが集約されているからです。

鍼灸師は、「ツボ」に現れた反応を頼りに、あなたの心と体が発するメッセージをキャッチしていきます。

そんな「ツボ」は、いわば、あなたの心と体の代弁者、そして、あなたが精一杯生きてきた証です。「ツボ」に、あなたの“疲れ過ぎ”を解消するヒントが詰まっています。

施術方針

このような理念と方針のもと、当院では、“ストーリー”と“1本の鍼”を掛け合わせて自己回復力のUPを図るというスタイルで、施術しております。

“ストーリー”とは、その人がそれまで生きてきた人生です。そのストーリーの中に、あなたの「治る力=体本来に備わる天才性」が秘められています。

その「治る力」を引き出すのが、“1本の鍼”です。

当院では、さらに“問いかけ”によって、あなたの「治る力」を引き出していきます。