どうすれば、頭痛をともなう「不眠症」を解消できるか?

警告!疲れは内臓からのメッセージ

検査に異常が現れない症状で、病院に受診したとしたら、きっと、「自律神経の乱れが原因ですね」と診断されるでしょう。

 

各種の自律神経症状は、”疲れ”の積み重ね、すなわち”疲れ過ぎ”の結果に過ぎません。

ただ、一言で疲れといっても、色々なレベルがあります。そこで、下の図をご覧ください。下の図は、疲れのレベルを、「自覚レベル」「体内の問題レベル」「現実の深刻度」で、便宜的に表したものです。

この図で、あなたの疲れの自覚レベルは、どのあたりでしょうか?

この図は、初期の疲れとして、たとえば首・肩こりを自覚した段階で、内臓の疲れを解消することの重要性を示しています。

すなわち、速やかに内臓の疲れ=機能異常を解消しないと、いずれ”疲れ過ぎ”、そして末期の内臓の疲れ=構造異常に発展していくリスクが高まっていきます。

“疲れ過ぎ”は、「このまま放っておくと、免疫力がおかしなるで~!」という、内臓たちからの警告のメッセージです。もし、あなたが”疲れ”を自覚しているのであれば、今こそ、そのメッセージに耳を傾けなければなりません。

自律神経症状が生じるまでの見取り図

このパートでは、当院で、「痛み・だるさ・抑うつ感」などの自律神経症状に対し、どのような考えで鍼灸の施術を行っているのか、その大枠をご説明いたします。

 

自律神経症状には、「ガンコな首・肩こり」「ひどい頭痛」「不眠症」「うつ症状」「下痢・便秘などの胃腸症状」など、多々あります。それらの症状は枝葉の問題で、根本は

 

疲れ=「内臓機能」+「エネルギ―(血液)循環」の不調

 

です。それを樹木として、表したのが下のイラストです。

自律神経症状の見取り図

自律神経症状の見取り図

この図は何を示しているか、分かりますでしょうか?

 

「首・肩こり」「頭痛」「不眠」は枝葉の問題ということを。お薬やマッサージなどは、根っこではなく、枝葉に対する処置のようなものです。

確かに、お薬やマッサージなどで、一時的に蓋をするように、「痛み・だるさ・抑うつ感」といった、辛い状況を紛らわすことがいい場合があります。

 

しかし、だからといって、いつまでも蓋をしたままではいられません。いずれ、問題が蓋からはみ出して、辛い状況が溢れてだしてきます。それが、いずれ「揉んだだけでは解消しない、ガンコな首・肩こり」「頭が割れそうなくらい酷い頭痛」などになっていきます。

 

もし、あなたが自律神経症状でお悩みなら

対症療法か根本療法か、

どちらを選択しますか?

 

このまま、話を進めていきます。上の見取り図を、「自律神経症状が出るまでの大まかな流れ」に置き換えたものが、下のチャート図です。

自律神経症状が生じるまでのチャート図

各種自律神経症状が生じるまでの流れ

このチャート図の流れで、特に重要なのが、“疲れ過ぎ(疲れの蓄積)”を促す

 

「内臓機能」と「エネルギ―(血液)循環」の不調

 

です。この2つを指標に、「なぜ、わたしはこんなに疲れるんだろう?」と、あなた自身の“疲れ”の仕組みについて理解を深めてください。

 

あなたの“疲れ”の原因に対する答えは、ネット・テレビ・雑誌のどこを見ても書いていません。その意味においては、当サイトも同様です。

 

本当の答えは、あなたの外側にある情報ではなく、あなたの内側にしかありません。

 

だから、疲れの解決策を外側ではなく、自分の内側に向ける、その意識が、あなたを悩ます症状カイゼンの第一歩となります。

それを踏まえたうえで、引き続き、当サイトをお読みいただければ、当サイトが発信する情報の意味合いが大いに変わります。

院長 ごあいさつ

1本の鍼で、病との縁を断ち切る  お手伝いをします

ここで、改めて、ご挨拶と自己紹介をさせていただきます。

【経歴】

川上 哲寛(かわかみ あきひろ)

●1973年 東京都出身

●早稲田大学人間科学部スポーツ科学科卒業

●神奈川衛生学園専門学校卒業

2001年 北辰会関東支部入会

2002年 北辰会現会長の藤本蓮風先生の下で学ぶために、単身で東京から大阪に移住

2009年 大阪市北区の天満にて「漢方鍼灸 かわかみ吉祥堂」開院

2019年 院名を「漢方鍼灸院 大阪市てんま吉祥堂」に屋号を変更

私は、幼少期より喘息持ちで、人生のことあるごとに、重度の喘息発作に悩まされていました。

幸い、鍼灸と漢方薬の二人の先生の施術と処方を受け続けたおかげで、40歳を過ぎ、気管支拡張が効かない喘息発作を克服できました。

正直、あんな喘息発作の苦しい思いは、二度としたくはありません。

それでも、鍼灸で重度喘息を治していただいた経験は、私が鍼灸師として活動するうえでの大きな財産です。

 

そんな貴重な経験をしてきた私だからこそ果たせる、鍼灸師としての役割があります。

その役割とは、過去の私のように、が効きにくい病でお悩みの方のために、

 

その方と病との縁を断ち切る

 

それを1本の鍼でお手伝いすることです。

 

もし、お体に関して不安なことがありましたら、まずは一度、当院にご相談ください。できるかぎりの対応をさせていただきます。

 

 漢方鍼灸院 大阪市てんま吉祥堂
 院長 川上 哲寛

初診時の流れ

◆お名前 (必須)

◆メールアドレス (必須)

◆お問い合わせ内容

「症状のご相談」「当サイト内容へのご質問」など

ご記入ください。

当HPを、ここまでご覧になっていただき、誠にありがとうございます。

何らかの病で悩まれている方は、先行きが見えない現状に対して、絶望感に打ちひしがれ、こんな独り言が口ぐせになっているかもしれません。

 

「いつになったら私の体は良くなるの?」

「この辛い症状さえ無くなければいいのに」

「どうせ、どこに行っても治らない…」

 

たとえ、あなたがどんなに不安を抱えていても、体の方は、治ろうとしています。

あなたには、この「体が治ろうする力」、すなわち

 

自己回復力=免疫力

 

が備わっています。あなたは、ご自身の免疫力を信じられますか?

 

今、世界は、新型感染症によって、混迷の状態に陥っています。

こんな時代だからといって、「自分の免疫力なんて信じられない」なんて言わないでください。

どんなに時代が混迷を極めていたとしても、体には常に免疫力がはたらいているのです。

 

現代医学や漢方医学、どんなで医療であろうと、最終的に、体が良くなるか、良くならないかは、あなた自身の自己回復力にかかっています。

 

だから、決して、症状カイゼンの可能性をあきらめないでください。

 

今の現状を変えるには、「何としても、病を克服する!」という強い意思を持つ…に越したことはありません。

そこまで強い意思を持てないにしても、「こんな状態は、もう嫌だ!」という気持ちが、少しでもあなたの心の中にあるならば、その気持ちを大事にしてください。

その気持ちから、きっと新たな変化が生じることでしょう。

 

もし、数ある行動の選択肢の中から、当院を選んでいただけたら、精一杯、あなたが回復するお手伝いをさせていただきます。

それでは、私にご縁を感じていただいた方からのご連絡を、お待ちしております。

 

漢方鍼灸院 大阪市てんま吉祥堂
院長 川上 哲寛

自律神経症状 お悩み相談室

どうすれば、頭痛をともなう「不眠症」を解消できるか?に関する関連記事

漢方鍼灸院 大阪市てんま吉祥堂

〒530-0041大阪府大阪市北区天神橋4-8-25 長田ビル3階