『PMS/PMDD』毎月のイライラをなんとかしたい方へ

『PMS/PMDD』生理前、こんなお悩みはありませんか?

  • 周囲のちょっとした一言にイライラ・クヨクヨして情緒不安定になりやすい
  • 目の奥の疼き、締め付けるような頭痛が出る
  • 生理痛がきつ過ぎて、もだえ苦しむことがある
  • 生理中、体がだるく、外に遊びに行く気にもなれない
  • 肩凝り腰痛全身の筋肉が硬くなる感じがする
  • 便秘や下痢、食欲亢進、吐き気など胃腸のトラブルが出やすい
  • 日中とにかく眠たいが、夜は眠りにくい、というように睡眠のリズムがとれていない

これらの症状は、

体質が原因かもしれません

上記の症状は、PMS(月経前症候群)やPMDD(月経前不快気分障害)と呼ばれる、月経前に現れる女性特有の症状です。

PMSは、1953年にイギリスの医師が、PMDDは、2013年に、アメリカの精神医学会が発表した、比較的、新しい概念です。

 

イライラ体質の人の体の状態

当院の漢方鍼灸で、こちらの方々のように、根本改善してみませんか?

お喜びの声

感情のトラブルを解消してPMSを克服

PMSによる感情のアップダウンが軽減

PMSと更年期の複合症状の改善

気休めと思っていた「鍼一本」で、 生理前の不快感・肩凝りが改善!

自律神経症状を改善し、無事、妊娠・出産へ

肩こり・頭痛・冷え性を克服 流産を乗り越え、無事妊娠できました!

半年来ない生理のカイゼン

ホルモン剤を飲まないと、半年、 生理が来ないほどの生理不順が改善!

院長ごあいさつ

ここで、改めて…

私の自己紹介を兼ねて、当院の婦人科疾患の考え方を、ご紹介します。

【プロフィール】

川上 哲寛(かわかみ あきひろ)

●早稲田大学人間科学部スポーツ科学科卒業

●神奈川衛生学園専門学校卒業

2002年 北辰会現会長の藤本蓮風先生の下で学ぶために、単身で東京から大阪に移住

2009年 大阪市北区にて「漢方鍼灸 かわかみ吉祥堂」開院

2019年 院名を「漢方鍼灸院 大阪市てんま吉祥堂」に変更

私は、よく婦人科症状でお悩みの患者さんに、

「イライラのし過ぎは、文字通り、
自分で自分を傷つけてしまいます」

と、お伝えしています。それは、「イライラ」で「血」に熱がこもると、「子宮環境」が乱れるからです。

 

もし、今、あなたが、イライラを自覚していたら、「ここは、一度、落ち着きを取り戻そう」という心と体のサインだと思ってください。

「イライラ」から「イキイキ」への体質の転換が、年齢にかかわらず、女性らしさを発揮できるコツです。

 

「イライラ」を消化(消火)して、
「イキイキ」に昇華できる
カラダへ


当サイトが、本来の自分を取り戻すための、ちょっとしたヒントになれば、嬉しく思います。

漢方鍼灸院 大阪市てんま吉祥堂
院長 川上 哲寛

イライラ体質の正体

あなたの脳、ガンバリ過ぎていませんか?

女性の社会進出により、「働く」こと自体に男女の隔たりがなくなってきました。

そして、ネット社会と言われる現代、一説によると、現代人が1日に受ける情報量は、江戸時代の1年分と言われています。

そんな中、毎日をたくましく生きるワーキングウーマンの方は、ご自身の「脳内活動」について思うところってありますか?

例えば、業務の忙しさ・家庭のこと・人間関係…。そこに根ざすのは「ストレス」ではないでしょうか。

 

つまり、現代女性は、脳に相当な負担がかかっています。

そして、生理前、ホルモン分泌により、女性の脳には、さらに負担が増します。

 

この「脳のガンバリ過ぎ」の仕組みを、いかにして読み解くかが、PMS/PMDDの「イライラ体質」を解消する大きなカギになります。

では、どうすれば、「イライラ体質」を解消できるのでしょうか?

「イライラ体質」と肝臓の意外な関係

現代医学では、黄体ホルモンの増減による、セロトニンなどの脳内ホルモンや神経伝達物質の異常が、PMS/PMDDの原因としています。

一方、漢方医学では、生命維持の中枢を、内臓に置いています。したがって、脳の活動も、内臓からの指令でなされると考えられています。

 

特に、女性の生理周期と深く関わる内臓は、肝の臓です。生理前になると、肝の臓からの号令で、生殖の準備に備えて、子宮に血液を送り込まれます。

このとき、肝の臓の「準備」が筋肉や脳に緊張状態をもたらします。

そこで、生理前にイライラが起きる現象をイラスト化したものが、下の図です。

普段からストレスを抱えている女性なら、一層、肝の臓への負担がかかり、

 

「~しなきゃ」

 

という無意識の緊張モードが強くなります。

この、肝の臓の自動反応が、訳も分からずイライラしてしまう原因です。

でも、肝の臓の過緊張モードは、自分では簡単にコントロールできません。

そこで、この緊張モードを緩めるのに有効な手段が、漢方鍼灸です。

こうして「イライラ体質」を解消して、本来のあなたに

では、どうやって、生理前10日前に起きる「肝の臓⇔脳」の緊張パターンを緩めていくのか、当院の対応の仕方をご紹介します。

 

当院では、次のように、鍼灸だけの「通常対応」と、鍼灸に加え、潜在意識を整理する「特別対応」の2つの対応を実施しています。

通常対応

漢方医学には、「体内で起きている状況は、体表面にうつし出される」という考え方があります。

そこで、お腹、背中、手足など、体の各部位に現れているツボを手掛かりにして、体内の状況を見極めていきます。

 

通常は、体表に現れている最も顕著なツボに、鍼を施すことによって、「肝の臓⇔脳」の緊張パターンを緩めていきます。

特別対応

しかし、人によっては、施術後、体の緊張は緩んでも、再び、この緊張パターンをぶり返す方もいらっしゃいます。

多くは、その背景として、幼少期の家庭環境で、何かしらの感情のトラブルがあったことが考えられます。

 

このトラブルの記憶は、潜在意識領域に閉じ込められているため、普段は、なかなか意識することがありません。

その場合、PCをアップデートするように、脳内の記憶を顕在化させて、過去の出来事に対する解釈の変更が必要な場合があります。

 

そこで、当院では通常の鍼灸による血流改善の施術に加えて、過去の出来事の更新を必要とされている方に、当院独自の対応としてブレインアップデート(BU)を採用しています。

婦人科疾患を改善された方のお喜びの声ですよ

PMS、PMDD、更年期をはじめとする、いろいろな婦人科疾患が、このように漢方鍼灸で改善していっています。

婦人科疾患を改善された患者さんのお喜びの声

お喜びの声

PMSによる感情のアップダウンが軽減

気休めと思っていた「鍼一本」で、 生理前の不快感・肩凝りが改善!

何度も弱気になりましたが、無事、妊娠出産できました!

肩こり・頭痛・冷え性を克服 流産を乗り越え、無事妊娠できました!

ホルモン剤を飲まないと、半年、 生理が来ないほどの生理不順が改善!

子宮筋腫による不正出血が無くなりました!

婦人科疾患改善の症例報告

吉祥堂が選ばれる3つの強み

ここまで、自律神経症状は、単にお体だけの問題ではなく、思考・感情とも、大いに関係があることをお伝えしてきました。

「姿・形」は、鏡を通して見ないと確認できないように、思考・感情も、一度、自分から離(話)してみない限り、気づけません。

当院では、自律神経症状に至るまでの背景として、「思考・感情・行動」の現状を明確にするカウンセリングを行っています。

 

初回のカウンセリングでは、60~90分時間を用意しています。

当院のカウンセリングでは、あなたが病院では話したくても話せなかった、ご自身の症状に関する悩みをたくさん話せます。

当院があなたの代わりに、伺ったお悩みの症状を整理して、症状の因果関係を明確にします。

 

症状の因果関係が明確になることで、あなたご自身の体の特徴をつかめるようになります。

そうなると、あなたは、ご自身の体に合わせて、日常、何に気をつけていいかが分かるので、より安心して治療を受けられます。


※お体の状況によって、カウンセリング時間を短縮することがあります。

画像や血液検査では確かめられないような、症状の本当の原因は、あなたの体表面が教えてくれます。

そこで、ステップ1でのカウンセリングで得た情報を参考に、脈・舌・お腹・背中・手足のツボなど、あなたの体表面に現れている反応を確認(観察)します。

そのことで、より症状の因果関係がより明確になり、症状カイゼンの道筋が見えやすくなります。

①②で得た情報から、ツボに1本、(多くて3本ほど)刺します

 

1本鍼の3つの特徴

●ブサブサ刺さないので、体に余計な負担を与えません。

●鍼の作用を分散させず、一か所に集約させます。

●1本しか刺さないので、効いているか効いていないかが明確です。

 

この3つの特徴により、

1回あたりの、あなたの治る力の効率が、最大限に高まります。

そうすると、一晩寝たら、1日の疲れが回復しやすくなります。

その結果として、より施術効果が高まり、症状カイゼンへも近づきます。

吉祥堂の強み1

トレンドを追わないからこそ

できる本当の鍼灸の価値の提供

上記の3つのステップにより

 

①施術効果が長続きする

②症状改善がスムーズ

③施術効果が高まる

 

が可能になります。

全国には2万件近く鍼灸院があると言われている中、当院のような、本格的な漢方(東洋)医学理論に基づく鍼灸院は全国で2%しかありません。

 

あなたが当院で得られる5つのメリット

当院の鍼灸を受けることで、あなたは次の5つのメリットを得られます。

ご自身の体質を理解できると、日常、何に気を付ければいいかのか分かるので、それだけで安心して過ごせます。

そして、あなたの体質と関係の無い、ネット・TV・雑誌などの情報に踊らされないようになります。

その結果、無駄な「情報疲れ」も減ります。

鍼の施術を続けることで、本来の疲労回復力を取り戻せるようになります。

すなわち、「朝スッキリ起きられるカラダ」が手に入ります。

カラダ本来の疲労回復力が向上して、徐々にお体が立ち直ってくると、自然に笑顔になっていきます。

思考は、アタマ(脳)だけの活動ではありません。体の疲れをこまめに取っておくことで、脳の情報処理の低下を防げます。

だから、アタマの回転が落ちにくくなります。

結果として、疲労回復力があがっていくので、いつも「アタマ・ココロ・カラダ」がスッキリ!

だから、仕事・勉強など大事な場面で、あなた本来の能力を発揮して、成果を出しやすくなります

初診時の流れ

当院の鍼灸が向いている方・向いていない方

簡単に、当院の鍼灸が向いている方・向いていない方をまとめましたので、ご来院の参考になさってください。

こんな方は、当院の鍼灸が向いています

  • 症状を通じて、人生を見直し、本来の自分を取り戻したい
  • 症状のお悩みの程度が10段階中8以上と感じている方
  • 他の人とは違う、自分の症状の根本原因を知って、本気で症状改善に取り組みたい方
  • お薬に頼らず、自然治癒力で症状を改善したい方
  • やりたいことに挑戦し、本心から求める幸せを実現したい

こんな方は、当院の鍼灸は向いていません

  • 病気・症状の本質から目を背けたい方
  • 症状さえ無くなればいいという考えを持っている方
  • ご自身の体や人生に責任を持てない方
  • 1回や少ない回数で症状改善を希望される方
  • こちらの指示通り、来院されない方
  • 慰安・美容目的の鍼灸をご希望の方
  • 施術のやり方を指示する方

最後に…

どんな病気やケガを受けたとしても、体には、元々、治る力が備わっています。だから、あなたが思っている以上に、

 

体は賢い

 

どんな医療でも、まず優先すべきことは、「体の賢さ」を邪魔せず、フォローすること。そうすれば、治そうとしなくても、あとは、その人の体が勝手に治してくれます。


当院では、カウンセリングや、体の観察を通じて、あなたの体が良くなる道筋を、あなたと一緒に見つけていきます。

どんな婦人科症状のお悩みでも、遠慮なく、当院にお申し付けください。


本来のあなたらしい人生を取り戻せるよう、精一杯サポートいたします。

 

漢方鍼灸院 大阪市てんま吉祥堂
院長 川上 哲寛

ガマンしないでください。きっと、良くなりますよ!

スグにでも症状を良くしたければ…

ご予約を希望される方はお電話

無料の情報発信を受け取りたい方はLINEを、

 

今すぐタップ

してください。