要注意!妊活時のガンバリ過ぎ

妊活女子の多くは、ガンバリ屋さん

あなたが、こうして当サイトをご覧になられているということは、ここに至るまで、たくさんの妊活情報に触れてきたでしょう。

 

妊活を始めてから、日常生活の大半を、妊活にかなりのエネルギーを注いでこなかったでしょうか?

もし、そうであれば、たくさんの「ご苦労」があったことと思われます。

 

それは…

ネットや専門誌などからの「情報集め」に始まり、毎日の「基礎体温の記録」、忙しい仕事と家事の合間を縫って産婦人科への通院の「時間調整」、産婦人科にかかる「費用の捻出」。

中でも、まわりの人からの「言葉」で苦労を感じることはありませんでしたか?

 

たとえば…

親戚・同僚など周りの人から、悪気の無い、妊娠に対する問いかけに落ち込んでしまう

友人・知人が妊娠をしたという知らせを聞いたら、「嫉妬の念」が勝手に湧き出てくる

などのようなことです。

 

産婦人科での検査結果が思うように進まなければ、なおさら、心が敏感になって、「気持ち」の面での苦労が増幅しがちになります。

 

もし、あなたが、これらの苦労を重ね、妊活に「疲れ」を感じているようでしたら、

 

妊活の「ガンバリ過ぎ」

 

に気を付けてください。

なぜなら、ガンバリ過ぎによる「疲れ」が、「妊活力」が低下する要因になり得るからです。

でも、誤解しないでください。ここで、私は、今までのあなたの「ガンバリ」を否定しているのではありません。

何かものごとを始める際には、初動の「ガンバリ」が必要です。そして、何かをやり続けることにも「ガンバリ」が必要です。

「ガンバリ」は、生命力があることの一つの現れです。

 

しかし、その「ガンバリ」が過ぎるために、かえって限りある生命力をすり減らし、妊活力の低下をもたらす可能性があるのです。

現在の日本の未妊で悩まれている女性は、

 

「ガンバリ」過ぎ(因)⇒
ココロとカラダの疲れ(縁1)⇒
生命力の消耗(縁2)⇒
妊活力低下(果)

 

という流れによるものが、とても多い傾向にあります。

この流れに少しでも思い当たる節があるようでしたら、妊活を始める前から、「ガンバリ」続けてきたのかもしれません。

まずは、妊活力の向上より、低下を防ぐことから

ここで、もし、あなたがご自身の「ガンバリ過ぎ」に気付いたのであれば、すべきことはただ一つ。

今まで、続けてきた「ガンバリ」を、全部でなくていいですから、少しだけ緩めてあげてください。

「ガンバリ」を緩めた分だけ、心と体に、そして生命力に余裕が生じます。その余裕が、あなたの妊活力が低下するのを引き止めます。

もしかしたら、ここまで読まれているあなたは、私が書いたことに対し違和感や、否定したい気持ちが、少々高ぶっているかもしれません。

それでも構いません。でも、ここまで読まれた訳ですから、もう少しだけ、お付き合いください。

 

もし、あなた妊娠の可能性を高めたいのであれば、先ほど述べました「ガンバリ過ぎ」を緩めることでの、

 

妊活力の引き下げ防止

 

に、少しだけ意識を傾けてみてください。

この意識が、これまで「ガンバリ過ぎ」のあなたにとって、妊活の新たなスタートになります。

というのは、不妊の方にとって「妊娠の可能性が低い」という現実は、自分に何かが足りないという発想に陥りがちになるからです。

 

たとえば、TVなどで「不妊の人は〇〇の栄養素が足りない」といった情報が流されたとします。

その情報を見た次の日に、妊活に取り組まれている女性が、その栄養素を補うサプリメントを購入する、といった行動に走る人が、かなり多い事実があります。(これは不妊の方に限らず、日本人の典型的な特徴とも言えます…)

 

詳しくは、別の機会で述べますが、「何かが足りない」より、「何かが滞っている」ことが、不妊の大きな要因になっている場合があります。

その場合、「滞り」を解消しない限り、「足りない」ものは補われません。

 

私は、こういった考え方を、漢方医学から学びました。

これからお伝えする漢方医学からみた妊活の考え方は、ひょっとして、これまでのあなたが蓄積してきた妊活の常識と、少しだけ異なるかもしれません。

 

でも、漢方医学は、2000年以上の歴史で積み上げてきた理論と実践があります。その正しさを、当院の臨床でも実証されています。

 

漢方医学の妊活の考え方は、聞けば当たり前すぎて、日々、更新されていく情報の中に埋もれてしまっています。

そんな当たり前を掘り起こし、改めて見直すことで、あなたの今後の妊活にお役に立てられたらと思います。

1年以上、妊活をガンバってこられたあなたも、

そして、

これから妊活をガンバロウかな、というあなたにも、有益な妊活情報をお届けいたします。

なので、この後も、引き続き、お付き合いいただけたら幸いです。