体質分類 肝血虚型 簡易

②肝血虚型

肝血虚型
 ~筋肉の潤い不足による首・肩のこり

 

筋肉に栄養を与えているのが、肝から供給される「肝血」です。肝血が不足することを肝血虚といいます。

運動のし過ぎは、肝血を消耗させます。肝血が不足すると、筋肉のしなやかさが減り、筋が張ってきます。たとえば、スポーツ選手のこむら返りが、その現象の一つです。

肝血は目にも潤いを与えています。なので、PC作業で目を酷使すると、肝血を消耗して、首・肩こりが生じる場合があります。

肝血虚の症状として、貧血、カサカサ肌、抜け毛が増える、などです。