院長 プロフィール(自律神経失調症バージョン) 

院長 ごあいさつ

臨床20年
のべ7万人以上の施術実績

1本の鍼と整心過浄療法で、あなた本来の回復力を活性化します

ここで、改めて、ご挨拶と自己紹介をします。

【経歴】

川上 哲寛(かわかみ てっかん)

●早稲田大学人間科学部スポーツ科学科卒業

●神奈川衛生学園専門学校卒業

2002年 北辰会現会長の藤本蓮風先生の下で学ぶために、単身で東京から大阪に移住

2009年 大阪市北区の天満にて「漢方鍼灸 かわかみ吉祥堂」開院

2019年 院名を「漢方鍼灸院 大阪市てんま吉祥堂」に変更

私は、幼少期より喘息持ちで、人生のことあるごとに、重度の喘息発作に悩まされていました。

幸い、鍼灸と漢方薬の二人の先生の施術と処方を受け続けたおかげで、40歳を過ぎ、気管支拡張が効かない喘息発作を克服できました。

正直、あんな喘息発作の苦しい思いは、二度としたくはありません。

それでも、鍼灸で重度喘息を治していただいた経験は、私が鍼灸師として活動するうえでの大きな財産です。

 

現在、世界中が社会不安に陥っています。まさに、誰もが疑心暗鬼な状態です。

多くの方が、心の中に、不安という「鬼」が潜んでいるために、自律神経が乱れやすくなっています。


かつての私が、喘息で苦しんでいたとき、まさに心の中が「鬼」だらけでした。

私は、幸い、鍼灸と心理的アプローチで、心の「鬼」を味わい尽くすことで、徐々に解消し、喘息が起こらないようになりました。

 

そんな貴重な経験をしてきた私だからこそ果たせる、漢方鍼灸師としての役割があります。

それは、1本の鍼とブレインアップデート(人生の再決断療法)で

 

心の「鬼」を消滅し、
その人本来の人生を取り戻す

 

そのお手伝いすることです。

 

もし、お体に関して不安なことがありましたら、まずは一度、当院にご相談ください。

私が、できるかぎりの対応をいたします。

 

 漢方鍼灸院 大阪市てんま吉祥堂
 院長 川上 哲寛