【YouTube期間限定】無料動画&PDFプレゼント

【無料動画&PDFプレゼント】不安解消のセルフケア

どんな状況でも、「自分軸」を保つ方法

「今ここ」で、精一杯できることに全集中できるカラダへ

「時・場所・人」などの状況によって、心がグラグラと動揺しやすくなるとき、まず、自分軸を整えましょう。

自分軸とは、肉体的には上下左右前後の軸であり、精神的には確固たる信念のようなものです。

そこで、肉体から自分軸のブレを修正する、3軸スイッチをご紹介します。 上下左右前後の体軸感覚を入れることで、心の動揺が治まり、自分の安心安全ポジションを取り戻せるようになります。

イメージ力で本当の自分の想いが目覚める

イメージ力で脳内の不安を排除して、創造スペースを構築

ESRは、ストレス下にある時、精神的トラウマ、事故、仕事や対人関係のプレッシャーで動揺した時に、あなた自身の額にやさしく触れることで、落ち着きを取り戻せる、とても単純で使いやすいセルフケアです。

何か嫌なことがあった日の寝る前、達成したいことがある日の朝にぜひ使ってください。

お顔から新たな人生を創造

過去のネガティブイメージの大掃除、創造力の開花

セルフリフトアップでは、お顔という、これまでと異なる角度から、「身口意一致」を深めていきます。

現状の課題・理想の状態・悩みを掘り下げたのち、頬にやさしく触れ、その頬を下げたり上げたりするだけで、ストレス状態から解放されていくのを実感できます。

それは、単にお顔の印象だけでなく、無意識~潜在意識領域にある価値観が変容していくからです。

そして、世の中の見え方、振る舞い方、他人からの見られ方なども変容し、その結果、人間関係や仕事の成果などに変化が起きてきます。

院長 ごあいさつ

臨床20年
のべ7万人以上の施術実績

1本の鍼と整心過浄療法で、あなた本来の回復力を活性化します

ここで、改めて、ご挨拶と自己紹介をします。

【経歴】

川上 哲寛(かわかみ てっかん)

●早稲田大学人間科学部スポーツ科学科卒業

●神奈川衛生学園専門学校卒業

2002年 北辰会現会長の藤本蓮風先生の下で学ぶために、単身で東京から大阪に移住

2009年 大阪市北区の天満にて「漢方鍼灸 かわかみ吉祥堂」開院

2019年 院名を「漢方鍼灸院 大阪市てんま吉祥堂」に変更

私は、幼少期より喘息持ちで、人生のことあるごとに、重度の喘息発作に悩まされていました。

幸い、鍼灸と漢方薬の二人の先生の施術と処方を受け続けたおかげで、40歳を過ぎ、気管支拡張が効かない喘息発作を克服できました。

正直、あんな喘息発作の苦しい思いは、二度としたくはありません。

それでも、鍼灸で重度喘息を治していただいた経験は、私が鍼灸師として活動するうえでの大きな財産です。

 

現在、世界中が社会不安に陥っています。まさに、誰もが疑心暗鬼な状態です。

多くの方が、心の中に、不安という「鬼」が潜んでいるために、自律神経が乱れやすくなっています。


かつての私が、喘息で苦しんでいたとき、まさに心の中が「鬼」だらけでした。

私は、幸い、鍼灸と心理的アプローチで、心の「鬼」を味わい尽くすことで、徐々に解消し、喘息が起こらないようになりました。

 

そんな貴重な経験をしてきた私だからこそ果たせる、漢方鍼灸師としての役割があります。

それは、1本の鍼とブレインアップデート(人生の再決断療法)で

 

心の「鬼」を消滅し、
その人本来の人生を取り戻す

 

そのお手伝いすることです。

 

もし、お体に関して不安なことがありましたら、まずは一度、当院にご相談ください。

私が、できるかぎりの対応をいたします。

 

 漢方鍼灸院 大阪市てんま吉祥堂
 院長 川上 哲寛

【無料動画&PDFプレゼント】不安解消のセルフケア