『うつ病』こそ、薬に頼らない!…

警告!疲れは内臓からのメッセージ

検査に異常が現れない症状で、病院に受診したとしたら、きっと、「自律神経の乱れが原因ですね」と診断されるでしょう。

 

各種の自律神経症状は、”疲れ”の積み重ね、すなわち”疲れ過ぎ”の結果に過ぎません。

ただ、一言で疲れといっても、色々なレベルがあります。そこで、下の図をご覧ください。下の図は、疲れのレベルを、「自覚レベル」「体内の問題レベル」「現実の深刻度」で、便宜的に表したものです。

この図で、あなたの疲れの自覚レベルは、どのあたりでしょうか?

この図は、初期の疲れとして、たとえば首・肩こりを自覚した段階で、内臓の疲れを解消することの重要性を示しています。

すなわち、速やかに内臓の疲れ=機能異常を解消しないと、いずれ”疲れ過ぎ”、そして末期の内臓の疲れ=構造異常に発展していくリスクが高まっていきます。

“疲れ過ぎ”は、「このまま放っておくと、免疫力がおかしなるで~!」という、内臓たちからの警告のメッセージです。もし、あなたが”疲れ”を自覚しているのであれば、今こそ、そのメッセージに耳を傾けなければなりません。

こんな“心の疲れ”の お悩みはありませんか?

  • 「やる気がでない、悲観的に考える、人に会うのが面倒」などのうつ症状
  • 「発作的な動悸、呼吸困難、発作の予期不安」などのパニック症状
  • 「なかなか寝付けない、何度も目が覚める、眠りが浅い」などの睡眠障害
  • 「慢性的な不安、筋肉の緊張、首や肩のこり」などの不安神経症
  • 「拒食、もしくは過食嘔吐」といった摂食障害
  • ストレスで「胃潰瘍、リウマチ、円形脱毛症」などが現れる心身症
  • 「幻覚・幻聴・妄想、思考の低下、意欲の低下」などの統合失調症

もし、上記リストの中に1つでも当てはまる、お悩みがありましたら…

これからする話はとても重要なので、少しだけ、お時間を取って、このまま読み進めてください…

その"ココロの疲れ”のお悩み、あきらめないでください!

もし、あなたが上記の“ココロの疲れ”のお悩みを持たれていたとしても、あきらめないでください。

あなたと同じような症状のお悩みを持たれていた方々が、当院の漢方鍼灸で改善しました。

これから、実際の「うつ症状・パニック障害」を改善された方のお喜びの声をご紹介いたします。

もしかしたら、これらの声の中にいまのわたしと似たような悩みを抱えているかもと感じられる内容が含まれていましたら、何かの参考になればと思います。

※バナーをタップかクリックされると、声の全文を確認できます。

死にたいと思うこともたびたびでしたが、 精神科の薬を卒業できました

7年間苦しんでいたうつ病 今は、心に明るい日差しを取り戻しました

薬に頼らずパニック障害・動悸・不安・ PMSが改善後、やっと子供を授かりました!

パニック障害、更年期障害、頭痛、肩こり 不安、目の痛み、めまい、不眠などの改善

初回後、体の軽さを実感!過呼吸、自律神経の乱れ、めまいの改善

心療内科・精神科疾患改善の症例報告

自律神経症状が生じるまでの見取り図

このパートでは、当院で、「痛み・だるさ・抑うつ感」などの自律神経症状に対し、どのような考えで鍼灸の施術を行っているのか、その大枠をご説明いたします。

 

自律神経症状には、「ガンコな首・肩こり」「ひどい頭痛」「不眠症」「うつ症状」「下痢・便秘などの胃腸症状」など、多々あります。それらの症状は枝葉の問題で、根本は

 

疲れ=「内臓機能」+「エネルギ―(血液)循環」の不調

 

です。それを樹木として、表したのが下のイラストです。

自律神経症状の見取り図

自律神経症状の見取り図

この図は何を示しているか、分かりますでしょうか?

 

「首・肩こり」「頭痛」「不眠」は枝葉の問題ということを。お薬やマッサージなどは、根っこではなく、枝葉に対する処置のようなものです。

確かに、お薬やマッサージなどで、一時的に蓋をするように、「痛み・だるさ・抑うつ感」といった、辛い状況を紛らわすことがいい場合があります。

 

しかし、だからといって、いつまでも蓋をしたままではいられません。いずれ、問題が蓋からはみ出して、辛い状況が溢れてだしてきます。それが、いずれ「揉んだだけでは解消しない、ガンコな首・肩こり」「頭が割れそうなくらい酷い頭痛」などになっていきます。

 

もし、あなたが自律神経症状でお悩みなら

対症療法か根本療法か、

どちらを選択しますか?

 

このまま、話を進めていきます。上の見取り図を、「自律神経症状が出るまでの大まかな流れ」に置き換えたものが、下のチャート図です。

自律神経症状が生じるまでのチャート図

各種自律神経症状が生じるまでの流れ

このチャート図の流れで、特に重要なのが、“疲れ過ぎ(疲れの蓄積)”を促す

 

「内臓機能」と「エネルギ―(血液)循環」の不調

 

です。この2つを指標に、「なぜ、わたしはこんなに疲れるんだろう?」と、あなた自身の“疲れ”の仕組みについて理解を深めてください。

 

あなたの“疲れ”の原因に対する答えは、ネット・テレビ・雑誌のどこを見ても書いていません。その意味においては、当サイトも同様です。

 

本当の答えは、あなたの外側にある情報ではなく、あなたの内側にしかありません。

 

だから、疲れの解決策を外側ではなく、自分の内側に向ける、その意識が、あなたを悩ます症状カイゼンの第一歩となります。

それを踏まえたうえで、引き続き、当サイトをお読みいただければ、当サイトが発信する情報の意味合いが大いに変わります。

院長 ごあいさつ

1本の鍼で、病との縁を断ち切る  お手伝いをします

ここで、改めて、ご挨拶と自己紹介をさせていただきます。

【経歴】

川上 哲寛(かわかみ あきひろ)

●1973年 東京都出身

●早稲田大学人間科学部スポーツ科学科卒業

●神奈川衛生学園専門学校卒業

2001年 北辰会関東支部入会

2002年 北辰会現会長の藤本蓮風先生の下で学ぶために、単身で東京から大阪に移住

2009年 大阪市北区の天満にて「漢方鍼灸 かわかみ吉祥堂」開院

2019年 院名を「漢方鍼灸院 大阪市てんま吉祥堂」に屋号を変更

私は、幼少期より喘息持ちで、人生のことあるごとに、重度の喘息発作に悩まされていました。

幸い、鍼灸と漢方薬の二人の先生の施術と処方を受け続けたおかげで、40歳を過ぎ、気管支拡張が効かない喘息発作を克服できました。

正直、あんな喘息発作の苦しい思いは、二度としたくはありません。

それでも、鍼灸で重度喘息を治していただいた経験は、私が鍼灸師として活動するうえでの大きな財産です。

 

そんな貴重な経験をしてきた私だからこそ果たせる、鍼灸師としての役割があります。

その役割とは、過去の私のように、が効きにくい病でお悩みの方のために、

 

その方と病との縁を断ち切る

 

それを1本の鍼でお手伝いすることです。

 

もし、お体に関して不安なことがありましたら、まずは一度、当院にご相談ください。

私が、できるかぎりの対応をいたします。

 

 漢方鍼灸院 大阪市てんま吉祥堂
 院長 川上 哲寛

”ココロの疲れ”を感じたら漢方鍼灸

誰もが、人生のどこかで、自分の存在に対する疑問を、多かれ少なかれ持った経験があることでしょう。

もし、今、あなたがうつ症状やパニック障害など、何かしらの心療内科・精神科疾患でお悩みでしたら、こんな自問自答を堂々巡りさせているかもしれません。

「こんなわたしが生きていて価値があるのだろうか?」

「一体、わたしの何が悪いんだろうか?」

「どうして、わたしはいつもうまくいかないんだろう?」

私自身、20~30代で喘息発作で苦しんでいたとき、毎日、同じような自問自答を繰り返していました。

そんな私だったからこそ、「今の状況を脱して、より良く生きたい」と願っているあなたに伝えたいことがあります。

今、あなたがうつ症状でお悩みでしたら、それは“ココロの疲れ”です。

“ココロの疲れ”が取れれば、本来の元気なあなたに戻れます。

だから、「大丈夫、あきらめないでください!」と。

もし、実際に、あなたはそう言われたとしたら、ココロはどう反応したでしょうか?

「確かに、そうかもしれない」と少しでも思えたのなら今ここからやり直せます。

その反対に、「そんな、大丈夫と言われても…」「どうせ、わたしなんかは無理よ」といった反応が出てきたかもしれません。

私は繰り返し言います、「それでも大丈夫、あきらめないでください!」と。

どちらの反応であっても結構です。

これから先を読み進めていただいて、うつ状態を脱する何かしらのヒントを得ていただければと思います。

心身医学としての漢方医学の歴史的優位性

戦後の経済成長とともに、心理的・社会的要因によって発症する身体疾患が徐々に増えてきました。

1991年に、そういった疾患を心身症と定義されるようになり、それ以来、人間を統合的に診ていこうとする全人的医療としての医学、心身医学に関心が集まり出しました。

1996年に、心身症を主に扱う心療内科が厚生省に標榜科としてようやく認められるようになりました。

心身症は、不眠・うつ・統合失調症といった心の症状がメインである精神科疾患と医学的には区別されているものの、実際の運営面においては、両方を標榜している医療機関が多いようです。

心療内科・精神科疾患に対する治療の歴史が浅い西洋医学に対し、漢方医学は、2000年以上にわたり、全人的な医療を施してきました。

この2000年以上という年数は、単に古いだけの医学ではありません。

「現代病」ともいわれ、特に都会で生活する人に多い、不眠・うつ・統合失調症・パニック障害・自律神経失調症といった心の状態が関与する疾患対する見解と治療法が、現在でも大変有効な医療です。

その意味で漢方医学は、”ココロの疲れ”を感じやすい現代人に最も必要とされる医学と言えます。

なぜ“ココロの疲れ”に漢方医学なのか?

西洋医学では血液検査やMRI、レントゲンいった画像診断などを行うことによって、骨、脳、内臓、ホルモンなど肉眼では確認できない身体内部の状態を知ることができます。

これらの検査は、時に病気の早期発見に繋がることもあり、非常に有効な診断法です。

しかし、血液検査や画像診断から精神と身体の関連を突き止めることは非常に難しいでしょう。

西洋医学では、身体面だけでなく心理・社会面を含め、人間を統合的に診ていく医療として、近年になり「心身医学」が誕生しました。

それでも、内臓、筋肉、骨、脳などをパーツごとに分け、その集合が人間の身体であると捉えている医学思想が根底にあることは変わりありません。

人間の精神活動を脳の機能によるものとしています。

そのため、精神疾患は、何らかの脳内の器質的・機能的障害によって、内分泌(ホルモン)や自律神経の問題が引き起こされたものというのが、西洋医学のおおよその見解となっています。

一方、漢方医学では、西洋医学の様に身体を部分に分けるのではなく、内臓を中心として、筋肉、骨、そして感情も経絡を通じて全て繋がったものとして、人間を丸ごと一つの存在として認識しています。

漢方医学には、古来より「病の応は体表に現れる」とされており、脈、舌、お腹、背中、手足のツボの反応の診察を通じて、肉体と精神の状態を丸ごと把握する診察術が伝えられています。

これらの診察術は、体内の形に現れざる無形の状態を、何とかして体表の反応から知ろうとする能動的な関わり方から発達したものです。

我々漢方医学の施術者は、これらの反応をつぶさに診察することで、体・心・症状の関係性を捉えていきます。

そのことで、”ココロの疲れ”としての表現である心療内科・精神科疾患に十分対処できます

漢方医学には、そもそも自律神経や内分泌といった概念が無く、また心療内科疾患と精神科疾患という区別すらありません。

心療内科疾患のパニック障害・自律神経失調症・過敏性腸症候群、精神科疾患のうつ病・適応障害・双極性感情障害、いずれの疾患であっても、西洋医学的な診断に囚われずに、漢方医学的な診立てによる鍼灸で対応できます。

”ココロの疲れ”は〇〇停止

ここまで、何度か、心療内科・精神科疾患について、“ココロの疲れ”の表現と言ってきました。

では、この“ココロの疲れ”は、どういう状態を言うのでしょうか。

精神科疾患の代表として、うつ症状を通して考えてみます。

うつ症状は、ココロ(精神面)の問題、特にストレスが原因だと思われるかもしれません。

これ、1/3正解で、2/3不正解です。

その理由は、「ストレスの本質」を知ることで、より理解しやすくなります。

ここでは、「ストレスの本質」をお読みでない方にも分かるように、その理由を簡単に述べてみましょう。

ストレスは、一般に「不安・イライラ・気持ち悪い」と感じさせるものだと思われています。

これらはストレスを説明する一部でしかありません。

ストレスとは、外界からの刺激・変化が、過度な負担(ストレッサー)となって、「アタマ・ココロ・カラダ」の動きが制限されることを言います。

簡単に言うと、ストレスとは、「動きの自由度が減少した状態」を意味します。

「不安・イライラ・気持ち悪い」は、動きが不自由な状態になったときの反応の一種でしかありません。

うつ症状までの状態になると、「アタマ・ココロ・カラダ」いずれの動きの自由度が低下しています。

このことから、心療内科・精神科疾患を”ココロの疲れ”と表現しているものの、正確には、「アタマ・ココロ・カラダ」が動きが制限された状態と言えます。

このことから、うつ症状は、単にココロ(精神面)だけの問題ではない、ということが分かりますよね。

それは、何らかの要因でアタマ・カラダの動きが制限されれば、うつ症状をもたらすことがあるということを意味するのです。

とりわけ、アタマ・ココロ・カラダの3つの中で、「アタマの疲れ=脳疲労」によるうつ症状が、近年、最も多く見られます。

脳疲労とは、思考の自由度が減少した、いわば「思考停止」状態です。

思考停止になる要因は、過度の頭脳労働、考え過ぎ、ショックな出来事など、お一人お一人の歩まれた人生や環境によって異なります。

漢方鍼灸では、個々の要因を踏まえ、まずはカラダの制限を緩めることで、アタマやココロに掛かる負担を軽減していきます。

あなたはこのままいたいですか?それとも新たな挑戦をしたいですか?

漢方医学では、うつ症状やパニック障害など心療内科・精神科疾患の処置をする際、まず、あなたの「アタマ・ココロ・カラダ」を動きを制限している状況を、「正気(味方)VS邪気(敵)」の闘争の構図として捉えています。

この闘争に打ち勝つための戦略として、味方と敵の戦力比較が重要です。

味方の用兵が少なければ増やす

反対に、

敵の用兵が多ければ減らす

これらは、専門的に、前者を補法、後者を瀉法と表現します。

補法か瀉法、あるいは補瀉両用、漢方医学の戦術は、大きくいって、この3つだけです。

状況に応じて、適切に補法と瀉法を行うことで、この邪正闘争に打ち勝つ…のではなく、正気と邪気を和解するようにもっていきます。

当然、“正気と邪気の和解”と言っても、「何やねん、それ!?」となることでしょう。

漢方医学の中には、気一元という哲学思想があります。

気一元とは、あらゆる存在は気を根源として繋がっている、という考え方です。

その意味からすると、“邪正一如”、すなわち、正気も邪気も、元々は同じなんだよ、ということです。

正気と邪気を和解させる、つまり仲直りさせるようにもっていく、そうすれば体が整います。

それを現実化していくために、術者はこれから説明することを前提にして、まず邪正闘争の状況把握に努めます。

邪正闘争を把握する指標となるのが、エネルギーの過不足です。

ところで、うつ症状における邪正闘争とは、いわば、「アタマ・ココロ・カラダ」で繰り広げられている葛藤とも置き換えられます。

葛藤とは、葛と藤のつるが絡み合うかのように、同程度の2つの選択肢の間で迷っていることを言います。

心療内科・精神科疾患の方の多くに見られる葛藤は、「このまま動かないままでいたい」と「本心からやりたいことに挑戦したい」という想いのせめぎ合いです。

「挑戦」の気持ちが打ち勝てば、きっとうつ症状が改善する日は近づくでしょう

この日が1日でも早く訪れるよう、漢方鍼灸の方では、次のようなことを指標に、あなたのうつ症状の成り立ちを把握していきます。

漢方鍼灸でのうつなど各種の心療内科・精神科疾患の診立て方

エネルギーの過剰循環

エネルギーの過剰を専門的に「実」と表現します。

内臓面において、肝の臓が過剰反応を起こしているケースが多く見られます。

筋肉を管理している肝の臓の過剰反応は、筋肉の過緊張として確認できます。

持続的な肝臓や筋肉の過緊張は、消化器の損傷や、心肺機能の興奮によるエネルギーの過剰循環に繋がります。

それにより、

 

動悸・呼吸困難・めまいなどのパニック様の発作、拒食あるいは過食嘔吐などの摂食障害、睡眠障害、慢性的な不安・過敏・緊張、肩や首のこり、頭痛など

といった症状が起きやすくなります。

エネルギー不足

エネルギー不足を専門的に「虚」と表現します。

こういった状況下では、多くはエネルギーを生成する脾胃に負担が生じています。

その負担が脾胃で持ちこたえられなくなると、エネルギーを貯蔵する腎の臓や精神状態を統括する心の臓にも影響が及んできます。

症状としては、

 

悲観的になりやすい、意欲低下、思考がまとまらない、恐怖感がつきまとう、動きたくない、不眠多夢などが現れやすくなります。

といった症状が起きやすくなります。

エネルギーの過剰と不足、どちらの要因によるものかは、問診や体表観察で明らかにしていきます。

初診時の流れ

当院の鍼灸が向いている方・向いていない方

もう少しで、当ページも終わります。

簡単に、当院の鍼灸が向いている方・向いていない方をまとめましたので、ご来院の参考になさってください。

こんな方は、当院の鍼灸が向いています

  • これまでの人生を見直し、自分のいのちを大切に扱いたい
  • お悩みの症状の問題度が10段階中8以上と認識している方
  • これからの人生を送るうえで、症状の存在に不都合を感じている
  • 病気・症状を通じて、人生のメッセージを聴こうとされる意志をお持ちの方
  • 他の人とは違う、自分だけの症状の根本原因を知って、本腰を入れて症状改善に取り組みたい方
  • お薬に頼らず、自分の生命力で症状を改善したい方
  • やりたいことに挑戦し、自分の本心が求める幸せを実現したい

こんな方は、当院の鍼灸は向いていません

  • 病気・症状の本質から目を背けたい方
  • 症状さえ無くなればいいという考えを持っている方
  • ご自身の体や人生に責任を持てない方
  • 1回や少ない回数で症状改善を希望される方
  • こちらの指示通り、来院されない方
  • 慰安・美容目的の鍼灸をご希望の方
  • 施術のやり方を指示する方

真剣に自律神経症状を改善したあなたへ

当HPを、ここまでご覧になっていただき、誠にありがとうございます。

何らかの病で悩まれている方は、先行きが見えない現状に対して、絶望感に打ちひしがれ、こんな独り言が口ぐせになっているかもしれません。

 

「いつになったら私の体は良くなるの?」

「この辛い症状さえ無くなければいいのに」

「どうせ、どこに行っても治らない…」

 

たとえ、あなたがどんなに不安を抱えていても、体は、回復しようとしています

それが、「生命力」の天才性です。

あなたは、
ご自身の「生命力」を
信じられますか?

 

今、世界は、新型感染症によって、混迷の状態に陥っています。

こんな時代だからといって、「治る力なんて信じられない」なんて言わないでください。

どんなに時代が混迷を極めていても、あなたの体には常に「生命力」がはたらいています。

 

最後に、こんな想像をしてみてください。

今の生活を、このまま、1カ月、半年、1年と続けたときに、あなたの症状は、どうなっているでしょうか?

 

また、もし、今、あなたを悩ます自律神経症状から解放されたら、1カ月後、半年後、1年後、どんな未来があなたを待っていますか?

 

自律神経症状は、これまでの生き方の結果です。

その意味で、症状は心と体、そして人生からのメッセージです。

 

 

今、このメッセージに耳を傾けなければ、人生の損失はどれくらいになるのでしょうか?

 

最終的に自律神経症状を良くするのは、今のあなたのご決断にかかっています。

もし、数ある行動の選択肢の中から、当院を選んでいただけたら…

あなたが症状改善をして、明るく笑って過ごせる生活を取り戻せるよう精一杯、サポートします。

では、私にご縁を感じていただいた方からのご連絡を、お待ちしております。

 


漢方鍼灸院 大阪市てんま吉祥堂

院長 川上 哲寛

大丈夫!

あなたの「生命力」は天才です

自律神経症状 お悩み相談室