自律神経失調症①  リード 

今こそ、対症療法から根本療法へ

1年以上、頭がフラフラ、息苦しく、何かしんどい。病院に通って、お薬を飲んでもなかなか良くならないし…

いったい、どうしたらいいの?

  • 寝付きが悪い・睡眠中何度も目覚める・早く目覚めるなどの睡眠障害
  • 朝から体が重だるく、いくら寝ても疲れが抜けないといった倦怠感
  • 気分が落ち込み、何もする気がしないなどの気分障害
  • 頭痛・めまい・耳鳴りなどの頭部症状
  • 特定の状況下での、動悸・過呼吸・息苦しさなどのパニック発作
  • 肩凝り・背部痛・腰痛などの痛み症状
  • 食欲不振・便秘・下痢・吐き気などの胃腸症状

自律神経失調症の根本原因って何?

ここまでのまとめ

簡単にまとめますと…

自律神経症状が起こる背景として、【脳疲労】からもたらさる【内臓の不調】や【血液の循環不良】、この3つが複合的に関与しています。

さらに、この3つを深掘りしていくと、過去のネガティブな出来事を体験を通じて生じた感情や思考が関与しています。

 

その感情や思考をそのままにしておくと、どれほど最新の薬を服用したり、あるいはゴッドハンドと言われる治療を受けたとしても、対症療法にしかなりません。

当院では、ネガティブな感情や思考を解放する特別な問いかけと鍼を組み合わせることで、その人の自律神経を乱す根本要因を解消します。

漢方鍼灸院 大阪市てんま吉祥堂

〒530-0041大阪府大阪市北区天神橋4-8-25 長田ビル3階