自律神経失調症③ ボディ

自律神経失調症の真実

自律神経失調症は、ある種の思考パターンによって、症状としての現れ方も様々です。

例えば…、代表的な症状には、こんな思考パターンがあります。

自律神経症状と思考パターン

自律神経失調症が現れるプロセス

ここから、自律神経失調症が現れるまでのプロセスを説明します。

本来、私たちの体は、新しいものが入り、古いものが出ていく“新陳代謝”によって、維持されています。

いわば、新陳代謝は、体内環境をきれいに保つために大切な機能です。

意識しようとしまいと、私たちは、新陳代謝によって、日々、生まれ変わっています。

 

ところが、何らかの要因で、この新陳代謝のはたらきが低下する場合があります。

それは、どんなときでしょう?

 

「仕事が上手くいかない…」
「家族や友人との人間関係で悩んでいる…」


このように、頭の中で「ああでもない、こうでもない」と思考が堂々巡りの思考パターンに嵌ってしまうと、脳の苦痛系の神経回路が起動してしまいます。

脳内の新陳代謝が悪くなることで、エネルギーが消耗し、脳疲労になってしまいます。

 

脳は各内臓から血液などの栄養の提供を受けているので、過度の脳疲労は、内臓の不調や血行不良をもたらします。

それが慢性化すると、脳だけでなく、体全体の疲れとなり、やがて各種の痛みやシビレに及ぶ場合があります。

では、そもそも、ネガティブ思考が堂々巡りしてしまうのでしょうか?その背後に、り、幼少期に体験したり、先天的に埋め込まれた「生き埋めの感情」が関係しています。

この「生き埋めの感情」が脳内で記憶されているために、「ネガティブな状況⇒思考の堂々巡り」といったパターンが起きてしまうのです。

 

この流れについて、イメージしやすいように、下に樹木として図示しました。

病院で、内臓や血液を検査しても、問題が見つからなかったのですが、その場合でも、内臓や血液が関係していますか?

はい、関係します。

たとえ、検査結果に表れてなくても、エネルギーレベルにおいては、内臓や血液循環にダメージが及んでいます。

もし、目に見える形で検査結果として現れたとしたら、症状がかなり進行しているときです。

形として現れないエネルギーのトラブルは、体のどこで起きたものか認識する必要があります。

その情報は、体のツボ、脈、あるいは筋肉反射から得られます。

 

自律神経症状をはじめとする、検査結果に現れない不具合は、まずは、内臓や血液循環の問題として置き換え、肉体レベルでのエネルギーバランスを整えることが重要です。

 

そして最も大切なのは、脳の報酬系の神経回路を起動することです。なぜなら、いくら肉体のバランスを整えたとしても、「生き埋めの感情」が解放されないままだと、何かのきっかけで、再び脳が誤作動を起こして、自律神経が乱れてしまうからです。

脳の報酬系の神経回路が起動するには、脳内言語とイメージを修正することが、最も根本的な対処法になります。


脳内言語とは、その人が普段から発している、独り言です。

この独り言が、「生き埋めの感情」からのネガティブな言葉づかいだと、脳はイメージの中で、まだネガティブなことが続いていると勘違いしています。

脳に「勘違いをしているよ」と教えてあげることで、自律神経症状は勝手に和らいでいきます。

 

当院では、漢方式の1本鍼で肉体エネルギーを整えながら、適切な問いかけとイメージの最適化によって脳内環境を整える施術を行っています。

 

「生き埋めの感情」と一緒に誤作動記憶を修正することで、脳の報酬系の神経回路が起動して、ストレスがかかる状況でも適切にものごとに対応できるようになります。

その結果として、自律神経症状は良くなっていきます。

自律神経失調症に対する、他とは違う当院独自のアプローチ

症状は、本来の自分を取り戻す絶好のチャンス

以上、当院の自律神経失調症の考え方についてお伝えしてきました。

どんな自律神経症状も、これまでの生活やご自身を見つめ直す機会です。
このように捉えることが、病気をやめる第一歩になります。

 

では、ここから、その具体的なやり方として、当院独自の「メンタル系自律神経修正プログラム」3ステップをご案内します。