痛みの原理原則

『不栄則痛』⇒虚痛
(栄えざればすなわち痛む⇒気血水の栄養が足りなければ痛みとなる)」

『不通則痛』⇒実痛
(通じざればすなわち痛む⇒気血水の流れが滞ると痛みとなる)」