ハリ回復で活力も回復へ

慢性疲労、喘息・アトピーなどのアレルギー症状、消化器症状、うつ、肩こり、腰痛、頭痛、めまいなど、現代医学では治りにくいほとんどの慢性症状は、自律神経の乱れが関与しています。

自律神経の機能について、色々な説明の仕方があります。

ここでは、「ハリ」という観点でご説明致します。

ギターが活きのいい音を奏でるためには、弦の「ハリ(張り)」が必要です。また建物においても、「ハリ(梁)」が重要な役割を果たします。

体も同様で、神経や血管の「ハリ」があることで、全身各部位を縦横無尽(上下前後左右内外)に繋げるネットワークとしての役割を果たせます。

それで、細胞から内臓、筋骨格まで含めて、全体として一致団結して働いてくれます。

仮に、社会環境・寒暖などの気象状況・細菌・ウィルスなど、外部の有害因子やプレッシャーが体に及んだとしても、皮膚粘膜がバリアとなって弾き返せます

。また、有害因子が内部に侵入したとしても、速やかに外に排出して対処できます。

この「ハリ」による防衛反応が、【活力(=気・生命力・自然治癒力・エネルギー)】の機能の一つで、それを管理するのが自律神経です。

神経繊維・血管・筋膜など軟部組織の張り過ぎやたるみといった「ハリ」に過不足が生じれば、【活力】が全身に行き届かなくなり、内に引きこもりやすくなります。

それにより、「神経伝達・血液循環・新陳代謝」の不具合に繋がります。これが、様々な難治性症状の正体です。

当院は、自律神経失調症をはじめとする各種難治性症状の早期改善に力を入れている、大阪市北区の鍼灸院です。

そのために、「ハリ」の適正化による【活力】の引き出し・回復を最重要課題として治療活動を行っております。

当HPが、自律神経失調症を始めとする、様々な難治性症状でお悩みの方々の、何かしらのご参考になれば幸いです。