精神症状② 声 + 症例報告 + フォロー

死にたいと思うこともたびたびでしたが、 精神科の薬を卒業できました

7年間苦しんでいたうつ病 今は、心に明るい日差しを取り戻しました

薬に頼らずパニック障害・動悸・不安・ PMSが改善後、やっと子供を授かりました!

パニック障害、更年期障害、頭痛、肩こり 不安、目の痛み、めまい、不眠などの改善

初回後、体の軽さを実感!過呼吸、自律神経の乱れ、めまいの改善

これらの精神症状を解消するのは、実はとてもシンプルです。

「病院でも治らなかった精神症状が、本当に解消できるの?」と思われるかもしれません。

でも、実際に、どんな精神症状も改善を期待できます。

その方法とは…

「脳の誤作動記憶」を修正することです

うつ症状など、ほとんどの精神疾患は、幼少期に負った「心の傷」が関与しています。

この「心の傷」に対して適切に処置していなければ、その時に感じた感情が生き埋めにされたように、脳に記憶されてしまいます。

「生き埋めの感情」は、大人になっても、何かのきっかけに「早く気づいて!」と、脳に訴えにかけます。

そうして、”脳の誤作動”を引き起こしてしまうのです。この脳の誤作動記憶を修正することで、本来の健康な身体を取り戻すことができます。

「脳の誤作動記憶を修正するって、どうゆうこと?」と思われるかもしれません。

詳しくは、この後、お伝えします。