自律神経症状改善の症例報告 症例3 過労時に伴うめまい、首・肩のこり

自律神経症状改善の症例報告

症例3 過労時に伴うめまい、首・肩のこり

患者:女性 70歳 主婦

初診日:2011年10月25日

①回転性のめまい
30年前より、肉体疲労時にめまいを発症して以来、5~6年に1回出る。

今回のめまいは8月から発症。ひどい時は、座っていても寝てても、目が回っている。

耳鼻科受診を受診し、一度軽減するも、10月に再発。

ひどくなる時は座っていても、寝ていても目が回っている。

<増悪因子>
手芸など集中しての作業後。

②首・肩こり(後頭部から肩井あたりまで 左=右)
16年前に顎下腺腫瘤(右側)の手術をして以来の肩凝りがきつくなった。重く痛い

左股関節が痛い

風呂上がりにパンツを穿く際、左足を挙げると痛む

5~6年前より、両耳に補聴器を入れている。

※解説イラストは表記上、裸モデルを使用していますが、実際は服を着用したまま、診察・施術を行っております。

40代、妹さんの病気の看病で奔走していた時期。この後に、めまいを発症。

44歳 右顎下腺腫瘍、その2~3年後くらいから肩こりがきつくなってきた。

61歳 右乳ガン切除、その後更に肩こりが悪化。

64歳 手のしびれが出てきた頃で、67歳で趣味の手芸を止める。

70歳 8月に、3年ぶりに手芸を再開したところ、主訴発症したため、再び休止

10月手芸を再開したら、めまい再発。

【漢方医学的診断】
肝うつ気滞・腎虚に伴う頭部胆経における気血の流通のアンバランス

【施術】
右申脉穴のみで4診で完了。その過程で、当初、訴えに聞いていなかった左股関節の痛みも緩和。

まとめ

顎下腺腫瘤と乳ガンが、右側に発症したことから、体の右側上部に気血が停滞しやすい体質傾向にあるようでした。

それにより、本人の自覚として肩こり左右同じくらいであるものの、 触診上、右側の肩こりのほうが古い様子を感じました。

また加齢とともに下半身の機能が弱くなることで、身体上部に気血の停滞が起きやすい状況にありました。

そこで、右くるぶし下の申脉穴にしたところ、4診目でめまい消失。と同時に、左股関節痛も軽減しました。

適切な治療により、全身の統一性が取れることで、めまい・首肩のこりと、左股関節痛、関連性のなさそうな症状であっても、数珠つなぎに緩和していくことは、漢方鍼灸ではよく経験することです。

また、それが漢方鍼灸の一番の醍醐味であり、患者さん・術者双方にとって、大変うれしいことでもあります。

こちらに、本症例の患者さんの喜びの声を紹介させていただいています。

『自律神経失調症』には薬はいらない!について詳しくはこちら

『自律神経失調症』には薬はいらない!

この記事に関する関連記事