喘息発作改善の症例報告 症例2 風邪引き後に2週間続く咳喘息

症例2 風邪引き後に2週間続く咳喘息

40代 男性

2週間前に風邪を引いて以来、咳が1日中止まらない、喉が狭い感覚

〇サラサラの鼻水

〇双子の赤ん坊のお世話で睡眠不足気味

【漢方医学的診断】
一部の風邪と胸郭内の熱による咳

【施術】
申脈、至陽、緊縮、八椎下から一箇所選択し、5回の治療で緩解

風邪にかかった後、症状の出方や治り方は、発病前の体の状況によって異なります。

本患者さんは、風邪を引いた当初、「寒気・鼻水・咳」でした。

それが、寒気が納まった後から、咳が頻繁に出るようになったそうです。

その背景として、仕事がデスクワークで運動不足、そのうえ、お子様のお世話で寝不足気味であったことから、体内に熱が籠りやすい状況を伺い知れます。

そこで、まず一部の残った風邪の処置をした後、胸郭内の熱を捌いていく施術を施しました。

風邪や咳が改善するまでに、それまでの体質状況が大きく関わります。

その場合、呼吸器だけをいくら検査したとしても、原因がそこに反映されないことがよくあります。

そんな原因不明の咳喘息にも漢方鍼灸は、大変有効な施術であることを知っていただければ幸いです。

咳喘息(神経性咳嗽)について詳しくはこちら

咳喘息(神経性咳嗽)

この記事に関する関連記事